書籍・雑誌

2009年3月 9日 (月)

4月5日(日)JIYU-KENKYU vol.3 告知!

次回のJIYU-KENKYUの詳細が出ました。この厳しい現実を「ただ、耐え忍ぶ真冬の『みのむし』にならないで、べんきょーしようぜー」というコンセプトで、パンクロックをやっているTARJEELINGの聡文三(そうぶんぞう)と歌手のみねまいこによって始められました。毎月1日曜日の真昼の12:00〜14:00、場所は福岡市立美術館です。

この読書会は、仲間内の集まりではありません。初めて会う/コーヒーを飲む/自己紹介もなく/本を開き/語る/解散して終わります。知らないことを知る。刺激を与えてもらう。そして、集まった人たちの討論(という名の雑談!)から、なんらかのアイデアを得ることができたらと思いますが、うーん、そう簡単にべんきょーは進むものでもありませんよね。

しかしありがたいことに、JIYU-KENKYUに興味をもってくださる人たちの中には、売れっ子の漫画評論家や現代評論家などかっこいいアカデミズムの人たちがいて(パチパチパチ)、彼らが毎回参加するため、わからないときには助け舟を出してくれることが多いです。よって、本(日本語)が読める人なら性別年齢国籍を問わず誰でも来て話ができると思います。

本を選ぶ基準は、発起人の聡文三とみねまいこが、一番注目する作家、です。いま、私たちが読まなければいけないと考えているのは、辻井喬の著作です。読売新聞の毎週金曜日に「辻井喬×堤清二 回想録」が連載されているので、若い方で、彼の名前を知らない人はそちらを読めば詳しいかと思います。

前置きが長くなりましたが、次回の詳細です。

日時:2009年4月5日(日)12:00〜14:00 
場所:福岡市立美術館 カフェなかむら
本:辻井喬『伝統の創造力』岩波新書。735円 
(前もって読んで来て下さい)
参加ご希望の方は、4月3日(土)までにメールをください。人数の確認とカフェの座席を確保したいのです。
ちなみにだんだん出席者が減っています。出席よろしく!
sekai_gekijou@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

世界激場プレ勉強会 「JIYU-KENKYU」へのお誘い

2月1日(日)12時〜
 みなさんこんにちは、世界激場実行委員です。いい正月は過ごせましたか?
 このたび我々は、来年早秋に「世界激場2」を開催する事を決定致しました。1回目とは全く異なった、しかもより現在の状況に対応した内容になる予定です。 
 さて。世界恐慌だバブル崩壊以上の不況到来だってここん所世間は何かとうるさいですわな。ま、経済生活レヴェルではこっから何十年か、大変な時期が来るんだろうとは思いますよ。
 でも心の別の方では「どうかな?これは存外、人が『本当に自分が面白いと思う事、やりたい事』に素直に向き合える世の中になるチャンスかもしれないよ」とか思ってる自分もいて。全然具体的な根拠はないんですけど。ただ、「恐慌を、ただ真冬の『みの虫』のように耐え忍ぶ」以外のやり方で何とか状況に対応できないか、と思っているのは事実。
 そこで、世界激場実行委員として考えました。真冬の『みの虫』には決してならない。ならために、今とりあえずは、べんきょーしようぜ、と。

日時:2009年2月1日12時~(数時間)

場所:福岡市美術館 2階 カフェテラスなかむら

テキスト:『ユートピアの消滅』辻井喬 著 集英社新書 定価 693円

内容:開催前に各自テキストを読み、その内1名が(今回は実行委員が担当)内容に関してレジュメを作ってくる。当日はテキスト&レジュメを基に、各自が質問・感想・意見・批評等を語り、そこからディスカッションを発展させる。月に1度のペースの予定。

  テキストに関しては、全員分を購入するお金はないので(笑)、申し訳ないですが各自自己負担で購入という事でお願い致します。何卒ご理解頂けたらと思っております。
 参加をご希望の方は、1月30日までにsekai_gekijou@yahoo.co.jpまでメールでお知らせ下さい。参加資格は特にありません。多数の方のご参加をお待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)